カテゴリー

新作紹介

CD
CD 騎士の掟
死地に赴く父、勲士トマス・レミュエル・ホーク最後の手紙
命で繋ぐ20の智慧と生き方の物語

俳優イーサン・ホークが贈る、人生がもたらす意味と美しさを描いた珠玉の短編集。

「暗い風がわが耳に秘密をつぶやくのを聴きながら、今夜わたしはお前たちに手紙を書いている。このささやき声は恐怖から出たほんのまぼろしだろうが、もはや正直に言おう、おそらくこの父がもう一度お前たちの顔を見ることはあるまい。」
時は15世紀、英国コーンウォールの騎士トマス・レミュエル・ホークは、スローターブリッジの戦いで斃れた323人のうちのひとりだった。戦いの前夜、もう自分が家に戻ることがないと察した彼は、祖父から受け継いだ「騎士の掟」を4人の子どもたちに伝えるべく、遠く離れた戦地で手紙をしたためる。

その「掟」は、孤高、謙虚、正義をはじめとする20の項目で構成され、トマスにとって特にかけがえのなかった物語や出来事で綴られていく――遺された子どもたちの人生の道標となることを願って――そして空が白みはじめ朝を迎える…。

本書は、1970年代初頭、オハイオ州のイーサン・ホークの親族の家で発見された古い手紙がもとになっているという。もともとケルノウ語で書かれていたものだが、専門家の逐語訳を経て、ホークの手により復元・編集され、現代の言葉でよみがえった。すべての物語は、東洋と西洋の古代からの教えや哲学、さらには現代の精神的および政治的著作がベースになっている。

ここに収められたすべての物語は、東洋と西洋の古代からの教えや哲学、さらには現代の精神的および政治的著作がベースになっている。古今東西すべての場所と人に通じる、善き人に欠かせない要素だ。イーサン・ホークによれば、「私は常に騎士の概念を愛してきました。それはよい人であることをクールにします。また、私はクールでいい人になることを目指しています」。また、「(この本は)なかなか話題にしにくい道徳的なことを子どもたちと話すためのよいツールになっている」とコメントしている。映画ファンはもちろん、国や文化、年齢、性別を問わず、語り継ぎたい“ひと”にまつわる普遍的な要素がぎっしり詰まったオーディオドラマ。「まず知らねばならんことは、そなたはそこへ行かずともよいということだ。そなたは今もずっと正しいときに正しい場所におるし、これまでもずっとそうだった」「真の戦いとはわれらみなの内に棲まう二匹のオオカミの争いなのだ。一方のオオカミは悪。もう一匹は善。おのれの餌付けした方が勝つのだ」「自分と他人を比べても生まれえるのはいつも二つきりだ、うぬぼれか悔しさ、いずれにしても値打ちはない」「忘れるな、友とは気の置けない間柄のこと。友がお前を愛してくれるのは、お前が自分に正直だからであって、お前が共にうなずくからではない。 友が傷ついたり悲しんだりしているときに寄り添うのはある意味ではたやすいことである。ただし、とんでもない幸運が友に舞い込んだのに自分はそうでないとき、それでも真心から寄り添うというのははるかに困難なことなのだ」「真実を言えば自分や他人が傷つくからといって、もっとこっそりとうそをつく場合はさらに多い。苦を恐れるな。炎が熱ければ熱いほど強く硬い鉄が打たれる。事実は常に味方だ。少しの苦もないなら誰もわざわざ物事を学ぼうとはしない」「他人への最大の敬意になるのは、信頼に足る人物であることであって、ただ他人を喜ばせればいいわけではない。<愛>とは言葉以上の物であると心得よう。それは行動なのだ」「いずれ。万事よし」
4枚/247分/2021年発売/作家:イーサン・ホーク/大久保ゆう/ナレーター:/発売元:パンローリング/発行元:パンローリング
JANコード:
本体価格(税抜)3,600円